ご挨拶

今日、世界的規模で社会情勢が激動する中、日本国内におきましても様々な各分野の業種において労働力の不足、少子高齢化が進むなかで、さまざまな課題を抱えております。現状として雇用形態に関わらず国内の雇用能力を向上させていくことがきわめて重要と考えております。多様化する雇用形態をサポートすることにより、フレキシブルな経済社会の発展に寄与していくことが派遣事業の意義であります。 また、失業防止や経済活動の担い手として派遣は重要たし続けていくべきと弊社は考えております。な役割を果たしており、今後も果 労働者派遣、アウトソーシング等はそれぞれに特徴があり、存在意義があります。どれが良くてどれが悪いといった二者択一的な議論からは何も生まれません。それぞれの特徴や役割を理解して頂き、各企業がこれらを有効に組み合わせることが出来るよう派遣として支援を行い、また一方で労働者のニーズに応えた“働き方”を提供していくことが必要であると考えています。今後におきましても現代の社会に活力を与えなければなりません。そのために私たちは、若年層から高齢者の就職支援を中心に幅広い人材サービスを展開していきます。私たちフェア・アルファーは、「すべてに対して公平に、最大限の付加価値を・」をモットーに、企業と信頼、そしてより良い人材をホスピタリティの心をもって“孝働 "し、次世代のニーズにも対応するために、新しい感覚の優れた人材の確保・技術のご提供をいたします。また、景気の変動に左右されることなく、様々なエクセレントカンパニー様に優れた人材が活き活きと働ける仕事の創造を目指し、人材が働き易くより良い環境づくりに努め、新たな雇用創造に挑戦し、広い社会に貢献していきます。                    株式会社フェア・アルファー                      代表取締役 日髙 秀則